堺総合法律事務所

 

事件ファイル


医療過誤事件 医師は過ちを素直に認めるべきだ    弁護士:平山正和

堺市において循環器医療で著名なB病院で発生した、心臓外科、脳外科の医療過誤事件を報告する。

»さらに詳細を見る...

原発・自然エネルギー・公害    弁護士:平山正和

私が弁護士活動を始めた1969年当時は大気汚染、水質汚染、土壌汚染などの公害が大きな社会問題となり、全国の公害反対運動に連携して、堺の大気汚染問題、関西電力多奈川発電所建設差止・損害賠償請求訴訟等に青年のエネルギーを注ぎ込んだ。

»さらに詳細を見る...

ベルキッチン事件解決の御報告    弁護士:岡崎守延

2年前のニュースでお知らせした、青木美会子さんの「ベルキッチン」就労請求事件が、この間無事に解決しましたので、御報告します。

»さらに詳細を見る...

高裁でふたつ、最高裁でひとつ    弁護士:村田浩治

タイトルを見て何のことかと思われたかも知れません。2011年に、三つの労働事件で逆転勝訴が続きました。負けていた事件を逆転で勝つというのは劇的ですが、労働事件が下級審で負けるというのは少し問題です。ぎりぎりで裁判している人にとっては、生活に直結しますから高裁でやろうとか最高裁に行こうというのは大変なことだからです。  しかし、労働事件に対する裁判所の判断がこれだけ揺れ動いているのです。労働問題に対する裁判官の意識が年々働く人に対する理解が乏しくなっているではと心配です。

»さらに詳細を見る...

橋下大阪府政の問題点と今後    弁護士:辰巳創史

2010年10月29日,恒例となっている当事務所主催の秋の勉強会として,日ごろからお世話になっている依頼者の方々をお招きして,大阪府政のこれまでと今後を検証する勉強会を開催しました。

»さらに詳細を見る...

ダイキン雇止め事件 いよいよ山場へ    弁護士:井上耕史

ダイキン工業堺製作所の臨海工場と金岡工場では,「支援従業員」と呼ばれる業務請負会社が雇い入れた労働者が空調機の製造業務に就労していた。製造ラインには請負会社を異にする支援従業員及びダイキン社員が混在し,組長と呼ばれるダイキン社員から指揮命令を受けて就労しており,いわゆる偽装請負の状態であった。

»さらに詳細を見る...

シャープ住民訴訟続報    弁護士:平 山 正 和

2009年7月24日に提訴した訴訟は学者の献身的な協力を得て、大阪府、堺市(以下行政という)のシャープ立地に対する補助金支出の違法性が鋭く深く解明されています。

»さらに詳細を見る...

ダイキン工業雇止め事件提訴    弁護士:井 上 耕 史

ダイキンは,平成二二年二月以降,二四〇名以上を新たに有期契約で雇用して労働者に引継ぎをさせる一方,契約期間の満了となる同年八月三一日をもって,二〇三名もの有期契約労働者を雇止めにした。すなわち,有期社員の大量入替えが行われたのである。  これに対し,ダイキンの雇止めは無効として,四名の労働者が大阪地裁に提訴した。

»さらに詳細を見る...

ベルキッチン就労請求事件へのご支援を    弁護士:岡崎守延

現在係争中の、社会医療法人生長会(ベルランド総合病院を運営する法人です)を相手とする、労働災害に関連した労使紛争事件を御紹介します。

»さらに詳細を見る...

最高裁は非正規労働者の問題をどう裁くのか?ーパナソニックプラズマディスプレイ事件―    弁護士:村田浩治

2005年10月に始まった「偽装請負事件」松下(現パナソニック)プラズマディスプレイパネル事件に関し、2009年9月14日、最高裁第二小法廷は、口頭弁論を開くことを決定し、11月27日、最高裁での口頭弁論が行われました。

»さらに詳細を見る...

«前へ 12345678 »次へ