堺総合法律事務所

 

堺総合法律事務所 気がるにご相談ください

ご挨拶

 

 堺総合法律事務は、堺・泉州地域の「権利のための闘争」を担うことを目的として活動を始めて、2009年に40周年を迎えました。ご支援いただいた多くの方々や地域の皆様に対し心より感謝いたします。

 設立以来、社会的弱者に寄り添い、依頼者の悩みや紛争の適切かつ迅速な解決に全力を尽くしながら、堺の地から日本、世界の動きに目配りをしつつ、生起する問題の社会的、政治的原因にまでさかのぼって対応することに心がけ、堺の誇るべき「自由都市」の伝統を引き継ぐことを目標にしてきました。働く人々の権利や民主主義、憲法や平和を守る活動に取り組んできたのもこのような設立の初心に由来します。

 今後とも、永年積み重ねた経験、実績と信頼を承継しつつ、さらにプロとしての研鑽を怠らずに、チームワークと専門家の人たちとのネットワークを生かし、皆様のご期待に応えてまいります。

堺総合法律事務所

 

トピックス

お知らせ

2021年度年末年始のお休みのお知らせ

誠に勝手ながら、12月29日~1月5日を休みとさせていただきます。

»さらに詳細を見る...

 

新着情報

「生活保護基準引下げ違憲訴訟勝訴報告」    弁護士:脇山美春

私の所属する「生活保護基準引下違憲訴訟原告ら弁護団」が、2021年2月22日、大阪地裁で勝訴判決をかち得ましたので、そのご報告をします。

»さらに詳細を見る...

「マイナンバーで便利になりましたか?」    弁護士:辰巳創史

政府は,「マイナンバー制度は,行政を効率化し,国民の利便性を高め,公平・公正な社会を実現する社会基盤です。」と説明していますが,利用開始から5年が経過して,何か便利になりましたか?

»さらに詳細を見る...

りんくう総合医療センター未払割増賃金請求事件・勝利和解    弁護士:井上耕史

地方独立行政法人りんくう総合医療センター(旧泉佐野市民病院)では,交代制勤務の職員(看護師・薬剤師)について,就業規則では3交代制として定められているのに,就業規則を改正しないまま,2交代制で働かせていた。これは違法な変形労働時間制であり,通常の労働者と同様に割増賃金を支払う必要があった。

»さらに詳細を見る...