堺総合法律事務所

 

事件ファイル


法律相談    弁護士:村田浩治

法律相談-相続放棄-

»さらに詳細を見る...

法律相談    弁護士:平山正和

法律相談-遺言の勧め-

»さらに詳細を見る...

「国民監視のシステムを許すな!マイナンバー法・秘密保全法とは」    弁護士:辰巳創史

マイナンバー法は,すべての国民に対し,税と社会保障に関わる各行政分野に共通して利用される識別番号(共通番号)を付番し,国民に関する情報の名寄せ・統合(データマッチング)を促進し,あわせて本人確認を行う制度を創設するものです。この法でデータマッチングの対象となる情報は,市民生活の全般に及ぶ極めて広範囲にわたるものであり,政府は,個人に付された番号により,住所,氏名,年齢のみならず家族構成や病歴,収入や資産なども,一望して管理することが容易になります。

»さらに詳細を見る...

今年を改憲阻止の年に    弁護士:井上耕史

憲法改悪を狙う動きが相次いでいます。

»さらに詳細を見る...

企業の横暴に手を貸す大阪地裁判決を叱る    弁護士:村田浩治

大阪地方裁判所第五民事部の別所卓郎裁判官は、ダイキン工業堺製作所において200人以上の労働者が契約期間が切れたという理由のみで雇い止めを強行したダイキンの行為について全く問題なしとする判決を下しました。

»さらに詳細を見る...

医療過誤事件 医師は過ちを素直に認めるべきだ    弁護士:平山正和

堺市において循環器医療で著名なB病院で発生した、心臓外科、脳外科の医療過誤事件を報告する。

»さらに詳細を見る...

原発・自然エネルギー・公害    弁護士:平山正和

私が弁護士活動を始めた1969年当時は大気汚染、水質汚染、土壌汚染などの公害が大きな社会問題となり、全国の公害反対運動に連携して、堺の大気汚染問題、関西電力多奈川発電所建設差止・損害賠償請求訴訟等に青年のエネルギーを注ぎ込んだ。

»さらに詳細を見る...

ベルキッチン事件解決の御報告    弁護士:岡崎守延

2年前のニュースでお知らせした、青木美会子さんの「ベルキッチン」就労請求事件が、この間無事に解決しましたので、御報告します。

»さらに詳細を見る...

高裁でふたつ、最高裁でひとつ    弁護士:村田浩治

タイトルを見て何のことかと思われたかも知れません。2011年に、三つの労働事件で逆転勝訴が続きました。負けていた事件を逆転で勝つというのは劇的ですが、労働事件が下級審で負けるというのは少し問題です。ぎりぎりで裁判している人にとっては、生活に直結しますから高裁でやろうとか最高裁に行こうというのは大変なことだからです。  しかし、労働事件に対する裁判所の判断がこれだけ揺れ動いているのです。労働問題に対する裁判官の意識が年々働く人に対する理解が乏しくなっているではと心配です。

»さらに詳細を見る...

橋下大阪府政の問題点と今後    弁護士:辰巳創史

2010年10月29日,恒例となっている当事務所主催の秋の勉強会として,日ごろからお世話になっている依頼者の方々をお招きして,大阪府政のこれまでと今後を検証する勉強会を開催しました。

»さらに詳細を見る...

«前へ 12345678 »次へ